オンラインFPS『クロスファイア』で活動中のクラン『V☆Lip』のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴーストマッチ回顧録その1
パーやんです。
まだ油断は出来ませんがひとまず肩の荷がおりたパーやんです。
今回からゴーストマッチ回顧録と題してこれまでのゴーストマッチでの戦いの記録やLIPでの戦い方、それにともなう愚痴や思い出を語っていきます。
あくまでパーやん、というレンズを通して見たものなのでそのへんはご理解ください。
また、記述を統一するためにも文章の中で出すコールネームには敬称を略させて頂きます。ディスってないです、よろしくです。

まず最初にクロスファイア、そしてゴーストマッチを体験したのはオープンβの時でした。
他ゲームの友人から誘われたのがきっかけだが、なぜ数あるFPSの中でもCFになったのかと思い返せばそれはやはりゴーストマッチの存在でしょう。
他FPSと比べてうまい、ヘタが出にくいゴーストマッチは友達同士で遊ぶにはちょうどよいモードでした。
今でこそ必須技能とされる息読みや不可視も、この時にはそんな言葉はありませんでした。
そんなわけでこの頃のGMは、BLはGRが遠い時はじっと座り込み、近づいてきたらナイフで襲い掛かる、GRは見えたBLを向かい打つ、そんなゲームだったのです。

そんな中で、動いてもいないBLを確実に倒すGRにはチートのレッテルが貼られました。
自分がプレイしていて初めて「チートだろ!」と思った人、その人の名前は『天草銀』でした。
そう思うのは自分だけではないらしく、どこの部屋でも「動いていないでなんでわかるの?」という言葉。
もっとも、この頃にはゴーストに色をつけるチートや、CFのフォルダのrezファイルを消すだけでゴーストが見えるようになる簡易チートも並行して流行っていたという事実もありますが。
どちらにしても動かないと見つからないというBLの利点は失われました。
こうなるとBLに残された道は、GRのスキを見て飛び込む他にありません。
半ば必然的にBLは特攻!というスタイルがこの時に自分の中に確立することとなります。
記憶が確かならこの時期の前後にクランシステムが導入されていたはずです。
CFゴースト界隈でいうところのSILENT、真楽、GUILTYの三強時代ですが、自分はというと友達の身内クランに参加していました。
ちなみにその身内クランのマスターは『UnDerAttacK』で、当時は『faint』もいました。
しかしクランに参加したはいいものの、チートが横行し、息読みという謎の技術の蔓延るGMに飽きたのもあってGMとCFを離れることになります。
次にこのゲームに戻ってきたのは、約半年後のことでした。

こんな感じで書いていくかもしれません。つづく。

スポンサーサイト
コメント
コメント
かなり懐かしい事書いてるのう!
パーやんは昔から名前パーやんだったねw
(多分・・・)
2010/10/02(土) 17:12:10 | URL | 桜井 #3/VKSDZ2 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。