オンラインFPS『クロスファイア』で活動中のクラン『V☆Lip』のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公式大会を控えて
>桜井
二部も好きだ~
でも一番は小学1年で初めて呼んだ四部!
吉良と早人が風呂に入ってる回だったなぁ…

さて、公式大会を今週末にひかえて皆さんいかがお過ごしでしょうか。
Lipはクラン戦を基本に練習をしていますが
クラン「天 狗」さんとの練習試合も行っています。
ローカル部屋で観戦者を交えての実戦形式の練習ですが
動きの感想を言ってもらえるのがありがたいですね。
今回の公式大会一次予選のMAPはEE、MX、SB、BW…
今はMXの練習に力を入れてます!
天狗側も同じようにMX中心にしているので、お互いがんばりたいです!

うちのハムスターが脱走したみたいなのでまたあとで!
スポンサーサイト
CF関係ないけどまた動画作りました!
こんばんは!
最近更新が滞ってしまっていて申し訳ない限りのパーやんです。
ちょっと動画作成が忙しくてそちらに時間をとられていました。
学校とか内定先の集まりとかバイトとかもありましたが^^;
で、このたびこんな動画を作りました。
CF関係ありませんがジョジョ知ってる人はよかったら見てね!



最近のクラン活動+最近みた映画感想
秋服に困ってるパーやんです。
今回は、連載している回顧録はいったんお休みにして
最近のクラン活動について書いていこうと思います。
それとオマケで「CF関係ねーじゃねーか」
なかなか不評な映画感想も載せますよ。(こっちがメインかも)

TMをメインに据えてから早一ヶ月。
クラン戦の回数もなかなか増えてきたので
その結果の記録を始めました。

http://csr.no-eta.net/vlip/

基本的に全て記録してゆく方針です。
用意してくれたゆpに感謝。
ちなみに今のところ俺しか書いてないから
俺いない時は他の人よろしくね!


そして、内定も決まって一安心なため
この期に見たかった映画を色々借りてきちゃいました。
以下、タイトルと簡単な感想。
ネタバレあるので注意。

・モーターサイクル・ダイアリーズ ★★★☆☆
若き日のチェ・ゲバラが南米をバイクで旅する
ロードムービー。実際に南米でロケを行った景色が
美しく、特にマチュピチュのシーンがお気に入り。
理想主義者というか、熱さを秘めたゲバラの姿は
後の彼の人生を思い起こさせる。
ラストのモノローグとアルベルト・グラナード本人の登場が
映画全体を引き締めていた。

・シャッターアイランド ★★★☆☆
「あなたは映画館に入って何分でこの謎が解けるか」
とかなんとか宣伝してたスコセッシ監督のサスペンス。
でもさ、そう言われてから設定見たら
ある程度予想するオチは限られてるわけで。
実際その通りのオチだったわけで謎解き映画としてはバレバレ。
でもサスペンスとしては面白かった。
もう20分ぐらい削って中だるみを防いでくれたら…・・・
ラストは「解釈は見てる人に任せます」ってこと
なんだろうけど、素直に受け取っておきます。

・最高の人生の見つけ方 ★★★★☆
J・ニコルソンとM・フリーマン、二大名優の演技が光る
ごく普通の感動物語……だと思っていたら
予想の斜め上をいってくれた傑作。
一つ前に見た『シャッターアイランド』よりも騙されたよホント。
酒飲みながら色々語りたい作品です、だからバレもなし。

・リトル・ミス・サンシャイン ★★★☆☆
一週間で見た映画の中だと一番期待はずれだったかも。
前評判が良すぎたからかな?
つまんない事はないけど、『最高の~』の後だったからかも。
問題を抱えた家族達のキャラクターと最後の一致団結の流れは好き。

・ビッグ ★★★★★
『最高の~』で満足してたら不意打ちを食らった。
ちょっと疲れてたから吹き替えで見たせいもあるが
映像からほとばしる80年代、そして午後のロードショー臭。
いまや名優のトム・ハンクスが若い!やせてる!
でも髪の毛はあんまり変わってない!
ある日35歳の体になった13歳の少年という役にはまりすぎ!
ストーリーとしては、突然大人になってしまった少年が
大人の世界を子供の感性でかき回し、仕事にも恋愛にも成功し
毎日が幸せ、でも段々家族が恋しくなって……という展開。

この映画には名シーンはいくらでもあるんだけれど
見ていて一番思うところがあったのが誕生日のシーン。
トムは親友のビリー(13歳、事情を唯一知っている)と
自分の誕生日を昼間に祝うんだけど
食事が終わるとトムは人と会う約束があるから、と言って
ビリーを追い返す。そしてトムは会社の同僚のヒロインと会って
自分の誕生日を祝い夜を過ごす……
ビリー涙目、だったかどうかはともかく
恋愛をして大人になっていく友人に
対するやり場の無い気持ちってあるよね。
23歳の視点なら悔しさのほうが大きいけど
13歳の視点からすれば、寂しさのほうが近いのかも。
そういう意味でも自分が大人になってしまったな、と感じるのです。

それと大人になったトムが勤めるのは玩具メーカーなんだけど
ロボットマン(ミクロマンシリーズ)が映ってたり
アンテナが異常に長いガンダムのパジャマ着てたり
トランスフォーマーの名前が出たり
そういう意味でも面白かった!

つい長くなったけど今回はこんなもんで。
『ブロークバック・マウンテン』も借りてるから
あとで見ないとなー。
ゴーストマッチ回顧録その3
前回までの~とかやるとまた長くなるんで全部省略。

私がCFに戻ってきたのは2009年の春先のことでしたが、
どうやら私のいない半年間でCF界には色々な出来事が起きていたようです。
そのあたりの詳しい話は他の人に任せましょう。
人づての情報で恐縮ですが、かいつまんで説明するならば
1.SILENT、GUILTY、真楽による第一次GM三国時代の終焉
2.GM界の再編と第一回GM大会の開催、優勝は咲夢雷
3.息読みの一般化と不可視の技術確立
といったところでしょうか。
(詳しい方補足、訂正お願いします)

この時の息読みに関しては今とさほど変わりありません。
しいて言えば今の方が、より過敏に反応するぐらいですね。
高速不可視が一般的でなかった分
じっくり息を呼んで倒すGRが多かったように思います。

不可視についてですが、私の休止前にも
"どうやら見えないで動ける技術があるらしい"というレベルで、
ですが不可視は知られていました。
GMクランの中での認識は分かりませんが
とにかく外には断片的な情報しか入ってはきませんでした。
実際に不可視使うプレイヤーを見た時も
その場でしゃがみジャンプをしているような、
走った方が数段マシなレベルの代物でした。

では半年後にはそれがどうなっていたか。
まず前述したように、息読みが一般化していたのと比較すると
不可視は"技術の一つ"にとどまっていたように思います。
というのは、今のGM界のように誰でも不可視を多用する、
そんな状況ではなかったからです。
もちろん使えるプレイヤーも多くいましたし、
非常に効果的に不可視を行うプレイヤーもいましたが。

この頃の不可視の特徴としては
・下を向いたほうが不可視しやすい
・高速を連続して出すには低FPSであることが必要
・そもそも今と比べて段違いに遅い
このぐらいでしょうか、不可視については
ながーくなるので後日改めて書こうと思います。

大きく話を逸れましたが
なんだかんだで私はCFへと復帰しました。
身内クランにはもう誰もおらず、実質1人。
寂しいなーと思いつつも特にクランを探すこともせず
(自分がどれだけCFを続けるのかもわからなかったためです)
桜井や、桜井のクランのメンバーと遊んでいました。
もはやあとは成り行きでしょう。
桜井の口ぞえもあって、私はそのクランへ身を移します。

クランの名前は、「V☆Lip」といいました。

つづく
ゴーストマッチ回顧録その2
前回までのゴーストマッチ回顧録は──

パーやん「GMおもしれー」
パーやん「なんで動いてないのに分かるの?チートなの?」
パーやん「絶対チートだって、動かないと殺されるって、やばいって」
パーやん「飛び込んで倒すのも面白いね。でもチート多いな」
パーやん「GMはチート多いからTMにも手を出してみたよ!」
パーやん「…そろそろ飽きてきたし元ゲーム戻るわ」

さてそんなわけで時は流れて半年後。
元々やっていたオンラインMMOに舞い戻っていた私はある日『桜井』からメールを受け取りました。いわく

「最近あのCFまたやってるから今度やろうや~」(要約)

みたいな感じだったはずです。
桜井とは元々他のゲームで知り合い、半年前に一緒にCFをプレイしていました。
その時は桜井の方が先にCFを休止していましたが
(本人の証言等から逆算して私の休止後1、2ヶ月程度で)
CFへ一足先に舞い戻っていたようです。
久々のCF、GMにも新しいマップが追加されていると聞いて
よしやってみるか、とラボラトリー2を選択します。
BLは私と友達もう1人、桜井はGR。
見慣れないマップにドキドキしながら久々のGMを始めました。

すると、なんということでしょう。

GRの様子を伺うこちらを、桜井は躊躇なしに倒すではありませんか!
首を左右に振り、動かない敵に的確に弾を当てるその動作。
なにそれ!と問いただすと、どうやらそれが息読みの技術とのこと。
浦島太郎の気持ちがわかった瞬間でした。

つづく


さーて、次回のゴースト回顧録は?

・半年間でなにがあった?
・長くなりすぎて次回に伸ばすよ不可視コラム
・パーやんのLIP加入

の三本です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。